フリーター(アルバイト)でも仮想通貨口座開設OK!

MENU

フリーター(アルバイト)でも仮想通貨口座開設OK!

多くの方は現状の収入・生活に満足していないと思います。2017年に1億円以上の利益に達した”億り人”を続出させたのが仮想通貨です。「ビットコイン」という名称を一度は聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?ビットコインとは仮想の通貨であり、実際に手に取って見える通貨ではありません。決済・送金スピード、決済手数料の安さ、中央集権の管理されていないなどが特徴として挙げられます。

 

さて、今回紹介するのはフリーター(アルバイト)の仮想通貨口座開設及びビットコイン購入に関するテーマです。

 

結論を先に申し上げると非正規雇用者であるフリーター・アルバイトでもビットコイン等の仮想通貨を購入することは可能です

 

 

フリーターは口座開設審査に落とされやすい?

 

仮想通貨取引所にアカウント登録・口座開設するには審査に通過する必要があります。

 

各社それぞれ一定の審査基準を設けていて状況によっては落ちるケースもあります。それを聞くとフリーター・アルバイトで働いている方にとっては不安に思うかもしれないのですが、実は落ちるケースは滅多に無いので安心して申込してくださいませ。

 

心配に感じてしまう方が時々いるのが個人情報入力で「年収」、「資産」の項目があるからです。年収が低いと難しいのではないか?貯金・預金が少ないとビットコインを購入できないのではないか?などと思ってしまうのも無理はないですね。もちろん、収入が全くのゼロの場合や資産が無いケースは落ちる要因になる可能性もありますが、普通に生活できるレベルであれば基本的には問題ないでしょう。

 

利益が出たら確定申告→税金支払い

 

当たり前ですが利益が出たら確定申告をして納税する必要がありますので注意してください。

 

これを忘れてしまうと”脱税”と見なされてしまい状況によっては刑事事件になるケースもあります。

 

株やFXの場合ですと特定口座(源泉徴収あり)と言って利益が出た場合に証券会社が自動的に税金を差し引いてくれる制度がありますので確定申告をしていない方も多いのですが、仮想通貨はまだ法整備が整っていないので特定口座は存在しません。

 

個人事業主(自営業)の方であれば慣れていると思いますが、フリーター・アルバイトの方の中には確定申告制度に関する知識が無い人もいると思いますのでシッカリと勉強しておくことをおすすめします。

 

なお、勤務先に仮想通貨取引をしていることをバレたくないのであれば住民税を自分で納税する選択をしましょう。

 

確定申告が面倒ならガチホ

 

基本的に購入→放置であれば価格が値上がりをしても含み益状態になりますので課税対象にはなりません。

 

よく「初心者はガチホがおすすめ!」という記事がインターネットに掲載されている理由の1つがコレです。後は高い将来性がありますので、長期投資されている方も多いのが特徴的になります。

 

税金のことを気にしたくない方はガチホ(購入→放置)

 

おすすめ!仮想通貨取引所一覧

 

 

年齢制限なし

 

国内主要取引所ですのでビットコイン購入を検討されている方はぜひ比較対象に加えてみてください。

 

万全なセキュリティ、サポート体制、取引実績などが選ばれる理由になっています。ビットコインだけではなくイーサリアム、ビットコインキャッシュ、モナコインなど様々な仮想通貨の購入・売却が可能です。

 

 

年齢制限なし

 

ビットフライヤーに比べると知名度は劣るのですが、勝る部分もたくさんあります。

 

ビットフライヤーの場合ですとビットコイン取引所以外は販売所形式になっていて買値と売値のスプレッド幅が広い傾向があります。それに対してザイフの場合ですと板取引になりますのでスプレッド幅が狭く低コストで取引しやすいのが特徴的になります。イーサリアム、ネム、モナコイン、ビットコインキャッシュの取引であればザイフの方がおすすめです。

 

ちなみにザイフトークンなどココでしか買えない通貨もありますのでアカウントを作成しておきたいですね。