ビットフライヤーの年齢制限~大学生・高校生でも登録可?

MENU

bitFlyer(ビットフライヤー)は年齢制限~大学生・高校生でも口座を作れる?

学生の内から金融商品・投資に興味を持っている方も多いと思います。

 

筆者自身も初めて投資をスタートしたのは高校生3年生頃でした。それほど大きな資金はありませんでしたので購入できる銘柄は限られてはいたのですが、自分のお金を投入すると損したくないという心理が働き猛勉強するものです。結果的に知識を吸収して、金融の知識を若い段階で身に着けることができたと感じています。

 

さて、今回紹介するのはbitFlyer(ビットフライヤー)は学生(高校生・大学生)でも口座開設・アカウント登録をすることはできるのか?というテーマになります。早い方であれば高校生・中学生くらいから暗号通貨・仮想通貨に興味を持っている人もいると思いますので、学生に対応しているのか?というのは注目のテーマだと思います。

 

 

ビットフライヤーは何歳から口座を作れるの?年齢制限は?

 

何歳からアカウント登録・口座開設をして取引を開始することができるのか?というのが一番の気になるところです。

 

現状で言えばビットフライヤーに年齢制限はありません。

 

高校生・大学生はもちろん、小中学生でも取引をすることができます。もちろん、70代・80代でもビットフライヤーを利用することはできます。

 

実はFX業者や株の証券会社の場合ですと年齢制限があるケースが多いです。

 

よくあるのは「15歳以上」、「18歳以上」、「20歳以上」、「80歳未満」などですね。株の場合ですとFXより年齢制限が緩いのですが、高校生(16歳、17歳、18歳)というのが結構ありました。

 

それに比べるとビットフライヤーは非常に良心的ですね。

 

20歳未満は保護者の同意が必須

 

成人されている大学3年生・4年生については不要ですが未成年の高校生・大学1年生・2年生の場合ですと保護者の許可を取る必要があります。

 

ビットフライヤーのQ&Aコーナーを引用しましたので下記を詳しくご覧くださいませ。

 

未成年ですがアカウント作成はできますか?

当社では利用規約第 3 条 5 項 2 号に基づき、未成年の方によるアカウント作成には下記書類の提出をお願いしております。
承諾書(下記URL よりダウンロードしてください)への署名捺印(原本)
保護者の承諾書(https://bitflyer.jp/pub/documents/保護者の承諾書.pdf
保護者の方の顔写真付本人確認資料(写)
※氏名、生年月日、住所、顔写真が掲載必須項目です。
上記2点を当社宛に郵送いただきますようお願い申し上げます。
上記書類の受領確認までは、アカウントをご利用頂くことができませんので、あらかじめご了承くださいませ。

 

未成年です。入金したが反映されません。

未成年のお客様に関しまして、保護者の承諾書を受領し次第口座確認を行い、ご入金反映となります。

 

学生でも億り人が続出している!?

 

ツイッターなどSNSを見ると1000万円以上稼いでいる学生が結構います。

 

中には1億円以上の利益を叩きだした「億り人」も存在するようです。学生の段階でサラリーマンの生涯年収以上を稼げる可能性がありますので大学生であれば周りにチラホラ仮想通貨を保有している人もいると思います。

 

高校生だとまだまだ実際に取引をしている人は極少数という認識ですね。

 

但し、学生の方に気を付けて頂きたいのは余裕資金の中から始めることをおすすめします。ビットコインであれば千円~1万円程度あれば十分に始めることができますので資金の少ない学生でも購入しやすいと思います。

 

また、信用取引・FXでレバレッジを利用するとリターンは大きくなりますが、リスクも大きくなります。最悪の場合ですと借金を背負う可能性も・・・

 

学生必見の心構え

 

  • 現物取引がおすすめ
  • 余裕資金で始める
  • 借金・キャッシングで資金を作るのはやめておいた方がいい
  • まずは少額でもポジションを持ってみる

 

まず最初に購入する通貨はビットコインがおすすめですね。やはり仮想通貨の王者であるビットコインを保有することでニュースに敏感になり、勉強する意識が高まりやすいと思うからです。ニュースを見れば分かると思いますがほとんど「ビットコイン」に関する報道です。既にイーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、リスクなどのアルトコインに関する知識があるのであれば別ですが基本はビットコインから始めるといいと思います。

 

https://bitflyer.jp/