Zaif(ザイフ)の年齢制限~大学生・高校生OK?

MENU

Zaif(ザイフ)の年齢制限~大学生・高校生でも口座登録できる?

学生の中には暗号通貨に興味がある人もいると思います。最近では授業でも課題になるケースもあるようです。

 

人気の仮想通貨と言えば王道はビットコインですが、実は他にもイーサリアム、ビットコインキャッシュ、ネム、モナコインなど様々な種類があります。

 

まず購入するために必要なのは仮想通貨取引所のアカウントです。今回は人気のあるZaif(ザイフ)の年齢制限をテーマに学生(大学生・高校生)でも口座開設・登録はできるのか?という点を徹底検証していきたいと思います。日本発のICOプラットフォーム「COMSA」を展開するなど国内外で注目を集めているテックビューロ社が運営されています。

 

結論!ザイフは年齢制限なし!

 

ザイフは大学生・高校生でも利用することが可能です。実は年齢制限は無いので厳密に言えば小学生、中学生でも利用することができます。

 

実際に高校生くらいですと利用者数は少ないと思いますが、大学生でZaif(ザイフ)に登録している方は結構多いです。中には1000万円以上稼げられている方もいますので決して学生から仮想通貨投資をするのが早すぎるということは無いみたいです。

 

但し、高校生~大学1年生・2年生くらいの年齢層の場合ですと20歳未満になりますので、「未成年登録」の扱いになります。

 

公式サイトに下記のように記載されていますのでチェックして確認しておくといいでしょう。

 

未成年者の方でも本人確認はできます。
ただし20歳未満未成年者の方は、親権者(又は未成年後見人)とご本人の続柄を確認できる証明書類、
およびご本人確認のための本人確認書類、親権者の同意書が必要となります。

 

以下3点の書類を、本人確認ページからアップロードしてください。
①本人確認書類(運転免許証 などの書類1点※詳しくは本人確認書類の例をご一読ください)
②親権者同意書
③親権者との続柄が分かる証明書類(住民票、戸籍妙本、健康保健証、母子手帳 の何れかの書類1点)

 

大学3年生~4年生で成人されている場合は不要ですが未成年の場合ですと親権者の同意が必須になります。通常に比べると本人確認書類が多いので少々手間ではありますね。父親・母親など親権者に賛成してもらわなければいけないのも面倒ではありますが、理解を得た上で取引を開始する流れになります。

 

学生でも成功できるの?

 

投資の世界に年齢は関係ありません。

 

学生でも大きな利益を手に入れる方もいますし、損をしてしまう人もいます。

 

リターンがあるということはリスクもあるということ。必ず成功する訳ではありませんので無くなっても大丈夫な金額からスタートすることをおすすめします

 

消費者金融のキャッシング・カードローンで借金をして始めるのは辞めておくべきです。損失が出た時の精神的な負担も大きいので大学生・高校生で取引する場合は「少額+現物取引」が良いと思います。慣れてきたら信用取引(レバレッジ)を利用するのも1つの手ですが、リスクとシッカリ向き合う必要があることはお忘れなく!

 

まずは気軽にZaif(ザイフ)へアカウント登録をしてみてください。本人確認完了までに時間が掛かることもありますので早めに済ませておくことを推奨します。

 

https://zaif.jp/