Zaif(ザイフ)、未成年(18歳・19歳)でも口座開設・登録はできる?

MENU

Zaif(ザイフ)、未成年(18歳・19歳)でも口座開設・アカウント登録できる?

学校の授業でも取り上げられているビットコインを筆頭とする仮想通貨。

 

未成年で投資にチャレンジしたい!と考えている方は結構多いのではないでしょうか?大きな資金力を持っているケースは稀ですが少額でも大きなリターンを得ている方もいますので若い世代で一攫千金を狙いたい!という人もいるでしょう。

 

さて、今回紹介するのはZaif(ザイフ)、未成年(18歳・19歳)でも口座開設・アカウント登録できる?というテーマです。

 

国内主要取引所の代表格ですのでアカウントを作っておきたいと考えるのは普通ですね。

 

ザイフは未成年登録可能なのか?まずはそこから徹底検証していきたいと思います。

 

 

ザイフなら20歳未満OKです!

 

先に結論を出すとザイフは未成年登録可能です。18歳、19歳でも本人確認をして取引を開始することができます。公式サイトにおいても下記のように記載されていますので確認してみてくださいませ。

 

未成年者の方でも本人確認はできます。
ただし20歳未満未成年者の方は、親権者(又は未成年後見人)とご本人の続柄を確認できる証明書類、
およびご本人確認のための本人確認書類、親権者の同意書が必要となります。

 

20歳未満のユーザー様の本人確認書類について

 

①本人確認書類(運転免許証 などの書類1点※詳しくは本人確認書類の例をご一読ください)
②親権者同意書
③親権者との続柄が分かる証明書類(住民票、戸籍妙本、健康保健証、母子手帳 の何れかの書類1点)

 

本人確認書類の例
<以下のいずれかの書類1点>
● 在留カード(現在のご住所が表面記載のものと異なる場合は裏面も必要)
● 運転免許証(現在のご住所が表面記載のものと異なる場合は裏面も必要。※要公安印。手書き不可)
● マイナンバーカード(マイナンバー通知カードはご利用いただけません)
● 日本国パスポート・ビザ(住所が記載されている面も必要)

 

上記の3点の書類を本人確認ページからアップロードする必要があります。20歳以上のユーザーですと①本人確認書類のみで②~③は不要ですので少々提出書類が通常より多くなります。

 

また、親権者の同意書が必須になりますので、保護者の許可を取る必要があります。逆に「仮想通貨は我が家では禁止!」と父親・母親に言われてしまうと仮想通貨取引が出来なくなりますので、反対されそうであればビットコイン・仮想通貨の将来性・魅力を伝えて説得するなど工夫することを推奨します。ある程度熱弁すれば大体の保護者はOKしてくれるはずです。

 

ザイフで未成年口座開設をしよう!

 

Zaif(ザイフ)ではビットコイン以外でもビットコインキャッシュ、イーサリアム、モナコイン、ネムなど様々なアルトコインの取扱があります。

 

また、ザイフトークンなど企業系トークンの取扱も多数ありますのでアカウント登録しておきたいところですね。

 

ザイフで取引を開始するためにはまずはユーザー登録をして本人確認を完了させる必要があります。本人確認が結構時間が掛かるケースもありますので余裕を持って手続きを進めることをおすすめします。

 

18歳・19歳から金融投資をされている人は実は結構います。筆者の時代は暗号通貨が浸透していなかったので未成年の時は株式投資をしていました。早い段階で投資を経験すると今後に活かすことができますので少額でも良いので興味があればチャレンジしてみるといいでしょう。

 

https://zaif.jp/