ビットフライヤーの口座開設・登録方法~完全マニュアル!

MENU

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設・新規登録手順まとめ

「取引量」、「ユーザー数」、「資本金」の主要3冠を獲得している日本一の仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」。

 

ビットコインと言えばbitFlyerという印象を持っている方は多いのではないでしょうか?国内の取引所の中では一番の知られていますので人気で選ぶのであれば是非選択肢に加えておきたいですね。

 

さて、今回紹介するのはbitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設・新規登録方法に関するテーマです。

 

ビットフライヤーでビットコイン取引を始めるのは非常に簡単なのですが新規アカウント登録から取引するまでの流れ・手順を徹底解説していきたいと思います。

 

 

ステップ①アカウント作成

 

URL:https://bitflyer.jp/

 

まずは上記のビットフライヤー公式サイトへアクセスします。するとさっそくアカウント作成の画面が出てきます。

 

最初に「個人のお客様」or「法人のお客様」を選択します。

 

続いてメールアドレスを入力して「アカウント作成」をクリックします。

 

なお、アカウント作成はFacebook、Yahoo!ID、Googleでも作成することができます。やりやすい方法で登録することをおすすめします。

 

分からない場合はシンプルにメールアドレスを入力するやり方で良いと思います。

 

入力完了後に「ご登録のアドレスに確認メールを送りました。メールに記載されているキーワードをご入力ください。または、メールに記載のリンクからアカウント作成を進めてください。」と表示されます。

 

登録したメールアドレス宛にビットフライヤーからメールが届いていないか?を確認して記載されているURLアクセス→メールに記載されているキーワードを入力→「アカウント作成」をクリックすればビットフライヤーのアカウント登録が完了します。

 

アカウント作成は早ければ数分程度で完了可能です。但し、アカウントを作成だけの状態ですと「フォレットクラス」というユーザーランクで仮想通貨の取引はまだできません。「トレードクラス」にグレードアップさせることで取引・売買開始が可能ですので続いてはランクアップの方法について解説していきたいと思います。

 

ビットフライヤーで売買・取引開始する方法

 

ビットコインの売買を目的にビットフライヤーの口座開設申込をされる方が大半だと思います。

 

単純に仮想通貨を保管するだけであれば「フォレットクラス」でOKなのですが取引をしたいのであれば「トレードクラス」になることが必須条件になります。ランクアップさせるには「ご本人情報のご登録」、「ご本人確認資料のご提出」、「お客様の取引目的等のご確認」、「郵送不要書留郵便のお受取」の4つの本人確認を完了、携帯電話認証、銀行口座情報確認、IDセルフィーを完了させる必要があります。

 

ご本人確認のご登録

 

氏名/性別/生年月日/国籍/郵便番号/住所/携帯電話番号

 

入力項目は非常にシンプルです。2~3分で情報を入力できるはずです。

 

※法人口座開設の場合は入力内容が異なります。

 

ご本人確認資料のご提出

 

個人

 

運転免許/パスポート(日本国が発行する旅券)/個人番号カード/住民基本台帳カード(顔写真あり)/各種健康保険証・共済組合会員証(カード型健康保険証)/各種健康保険証(紙型健康保険証)/各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等)/各種福祉手帳/印鑑登録証明書/住民票の写し/在留カード/特別永住者証明書

 

上記のいずれかの本人確認書類を用意しましょう。表と裏面の両方の提出が必要なのに表面のみの提出しかしなかったり、有効期限が切れていたり、資料全面が鮮明に写っていないと申請が却下されるケースもありますので注意が必要になります。

 

法人

 

登記事項証明書・登記簿謄(抄)本の原本(登記官印が鮮明に写っているもの)。
発行日から 6ヶ月以内のもの。
名称、本店または主たる事務所の所在地、事業の内容、代表権を有する役員が記載されているもの。法人情報登録画面で入力したものと同じであることをご確認ください。
* 取引責任者が登記事項証明書に代表権を有する役員として記載されていない場合は、委任状の提出が必要です。
会社法人等番号が鮮明に記載されていることをご確認ください。

 

お客様の取引目的等のご確認

 

職業/取引の目的

 

上記の入力を完了させると本人確認申請が完了します。承認されるとハガキが郵送されます。

 

郵送不要書留郵便のお受取

 

シンプルに登録した住所宛てにハガキが郵送で届きますので受け取るだけです。

 

ハガキが届くのが遅いという方は本人確認申請が承認されているか?確認することをおすすめします。提出書類等に不備があると却下されている場合があります。また、ケアレスミスではありますが登録されている住所が間違っていると当然届きませんので注意してください。

 

ハガキを受け取ってすぐに取引を開始したいのであれば携帯電話認証、銀行口座情報確認、IDセルフィーも完了させておきましょう。

 

利用すると銀行口座はネットバンクがおすすめです。手数料・利便性を兼ね揃えています。

 

以上の全てを完了させると「ウォレットクラス」→「トレードクラス」にランクアップをして制限なく取引を開始することができます。

 

ビットフライヤーの登録申込はこちら

 

https://bitflyer.jp/

ビットフライヤーの口座開設・登録方法~完全マニュアル!記事一覧

着実に知名度が上昇している仮想通貨ネムコイン(NEM・XEM)に注目されている投資家は結構多いと思います。是非、ネムを購入したい・買いたいと考えている方に必見のページになります。テーマとしてはbitFlyer(ビットフライヤー)でネムコインは購入できるのか?という内容になります。結論!ビットフライヤーでネムは購入できない!ザックリ言えばビットフライヤーでネムの取扱はありませんので購入することはでき...

【リスク(LISK)取扱い開始のお知らせ】アルトコイン販売所にて「リスク(LISK)」の取扱いを開始いたしました。PC より bitFlyer にログイン後「アルトコイン販売所」から「リスク」のタブをクリックしてお取引いただけます。https://t.co/5O5iTtrJuJ pic.twitter.com/h6lNrGD4Zj— bitFlyer(ビットフライヤー) (@bitFl...

初心者から中級者・上級者まで幅広いユーザーが利用されているビットフライヤーでビットコイン・アルトコイン取引をしたいと考えている方は結構多いのではないでしょうか?単純にユーザー新規登録・口座開設をするだけであれば必要書類を準備する必要はありません。但し、その場合ですと「ウォレットクラス」に該当してbitFlyer(ビットフライヤー)に仮想通貨を保管することはできますが、売買に制限あります。bitFl...

「世界を変えるコイン。ビットコインは、ビットフライヤー」でお馴染みの国内最大級の仮想通貨取引所・販売所です。取引量、ユーザー数、資本金の3分野において第一位を獲得するなど王道的な存在になります。信頼性・安全性でビットフライヤーを選んだ方は結構多いのではないでしょうか?しかし、中には仮想通貨の利確をして、勝ち逃げしたいからこれ以上は取引しない人、使いにくいとサービスに不満を持っているケースもあると思...

学生の内から金融商品・投資に興味を持っている方も多いと思います。筆者自身も初めて投資をスタートしたのは高校生3年生頃でした。それほど大きな資金はありませんでしたので購入できる銘柄は限られてはいたのですが、自分のお金を投入すると損したくないという心理が働き猛勉強するものです。結果的に知識を吸収して、金融の知識を若い段階で身に着けることができたと感じています。さて、今回紹介するのはbitFlyer(ビ...

「18歳以上」、「20歳以上」と表記されているサービス・商品は結構あります。18歳~20歳未満ですと既に社会人として働いていて給料を貰っていますので数十万円~数百万円の貯金で資産運用を検討されている人もいるのではないでしょうか?今回は18歳・19歳の未成年でもbitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設・登録することはできるのか?という検証ページになります。国内仮想通貨取引所最大手になりますので...

ビットフライヤーでビットコイン取引を始めたい!と考えている方にとって手数料等は重要なポイントになると思います。ビットフライヤーで売買すると基本的には手数料を取られます。ビットコイン売買ですと0.01% ~ 0.15%、イーサリアムやライトコイン等のアルトコイン売買ですと0.20%になります。取引手数料を取るのが仮想通貨取引所の利益確保手段の1つになりますので一般的にキャンペーン等を除けばどの取引所...

働き盛りのサラリーマンに人気のある仮想通貨。特にIT企業・金融系企業で働いている方はビットコインを購入されている方も多いのではないでしょうか?興味はあるけど大きな損失が出そうで怖いと感じている人もいると思います。そんな方に人気があるのが積立投資です。一度に全部購入するのではなく、毎月一定額を積み立て購入する仕組みになりますので高い掴みのリスクは減らすことができます。今回紹介するのはbitFlyer...

仮想通貨と言えば「ビットコイン(BCT)」というのが世間一般的なイメージです。現状では絶対的な王者という立ち位置で時価総額は仮想通貨の中でもNO.1です。但し、近年ではビットコイン以外のアルトコインが注目上昇中ですので購入を検討されている方も多いと思います。今回はbitFlyer(ビットフライヤー)のスプレッドは高い?安い?広い?狭い?について徹底検証していきたいと思います。bitFlyer(ビッ...